ゴルフ テクニック

 

傾斜の克服法

傾斜だとボールに当てることさえ難しくなりますよね。

 

まずツマ先下がりの傾斜です。
スライスやプッシュアウトのミスが出やすくなります。

 

ボールが高く上がらず、飛距離も出ません。

 

傾斜は、アドレスから変えていかなくてはなりません。

 

ボールに近づき、ヒザを深く曲げることが大切です。

 

手を自然に下ろせば、ボールに体は近くなります。

 

そして、傾斜なりに構えると、ツマ先体重になってしまうので、
意図的にカカトに体重を乗せましょう。

 

この角度が変わらないように、スイングをします。
背骨の傾きを意識してスイングしましょう。

 

次にツマ先上がりの傾斜です。

 

もともとフック系の球筋になりやすい傾斜ですが、ボールが
つかまりすぎて、グリーンの左側に外してしまう人が多いです。

 

ツマ先上がりの傾斜は、下半身を安定させておいて、
上半身の回転だけで打つことがポイントです。

 

ヒザから下を使わないようにします。

 

通常のスイングのようにフットワークを使ってしまうと、
重心が前後に動いてしまい、フェースコントロールができません。

 

ボールをいつもよりも1個分右に置けば、左への曲がりも少なくできます。

 

前後の傾斜ではなく、左足上がりのような左右の傾斜の場合もありますね。

 

左足上がりの傾斜の場合は、引っ掛けやショートのミスが多いです。

 

これは、体の回転が止まってしまい、フェースが極端に返ってしまうからです。

 

このミスを防ぐには、右重心で構え、少しオープンスタンスで構え
その重心をキープすることです。

 

ダウンスイングで体重を左足に乗せていくと、インパクトが詰まり、
引っ掛けるミスになりやすいので注意しましょう。

 

 

苦手なシチュエーション

どうしても力んでしまう苦手なシチュエーションってありませんか?

 

力みは、スコアメイクの大敵です!

 

例えば「池超え」。

 

池を見るとどうしても、意識が池ばかりにいってしまい、
「池ポチャしたらどうしよう」とマイナス思考になりがちですね。

 

そうすると打ち急いでしまいがちなんです。

 

肩や腕が硬直していると感じたら、一度アドレスを開放して、
力を抜いて仕切り直しましょう。

 

そして、グリーンの奥を見て、リラックスをし、自分のリズムで
振れるようにします

 

「強風」のときはどうでしょうか。

 

グリーン側から吹く逆風のときは、強い球を打とうとして、左足体重の
構えになってしまったり、インパクトでクラブを強く入れてしまいがちです。

 

この場合も、打つ前に深呼吸をして、風とケンカしないでスイングするように
しましょう。

 

では、勝負を競っている相手が、先にナイスオンしてしまったときは
大丈夫ですか?プレッシャーに負けていませんか?

 

他人のプレーを意識するとスコアは崩れやすくなります。

 

他人のスイングやリズムは、自分とは違います。
なるべく見ないのが一番です。

 

アプローチのときに、ピンがグリーンの手前寄りにあるときも、
力みがちです。

 

ピンがグリーンの奥にあれば、多少ショートしても、グリーンには
乗るという安心感がありますが、ピンが手前のときは緊張します。

 

こういうときは、グリーン奥にあるピンを想像し、大きめのクラブで
楽々と打つようにしましょう。

 

 

 

真っ直ぐ飛ばす方法

ボールを真っ直ぐ飛ばすには、クラブを正しいスイングプレーンに
沿って振ることが重要です。

 

正しいスイングプレーンを作るには、背骨を中心として、
左右対称に体を回転することが大切です。

 

ボールが曲がってしまう人は、大体、この基本的な動作が
できていません。

 

これを習得するには、まずクラブをアドレスのまま胸まで上げます。

 

この状態のまま、体の回転だけで、上体を右に回したところがトップ、
左へ回したところがフォローとなります。

 

まずは、左脇を締めて、体の回転だけで右に回してみましょう。

 

手先だけで振ると、手が胸の正面から外れてしまい、
正しいスイングプレーンからずれてしまうのです。

 

このように手と体を一緒に動かすことで、正しいプレーンを描くことが
でき、真っ直ぐ打てます。

 

ボールを曲げないためには、体の回転に腕を同調させることが
ポイントなのです。

 

また、フォローのときの手の向きにも注意してみましょう。

 

右手の甲が地面を向いているとスライスになり、甲が上を向くと
フックになってしまいます。

 

フォローでは、右手の甲は、地面と垂直にするのが正解です。

 

どうしても手打ちになってしまう人は、ヒールアップをして
ボールを打つ練習をお勧めします。

 

ヒールアップをして大きくステップすることで、自然と体重移動ができ、
体重移動のときに腕も自然と振られるため、体と腕の同調の感覚を
掴むことができます。

 

 

 

飛距離を伸ばす

野球のバッティングも、飛んでくるボールに対して、踏み込んで
打ちますが、ゴルフも同じです。

 

ボールに対して、右足が軸になり、そこにしっかりと体重を乗せてから、
左に踏み込んで打つから、飛距離が出ます。

 

ボールを呼び込むように、右、左と大きく踏み込めば、
それだけパワーが入ります。

 

タイミングがうまくとれないという人は、ボールに近い下半身で
タイミングをとるこの方法を試してみてください。

 

また、飛距離を伸ばすには、強いインパクトが必要です。

 

これには、インパクトで手元を先行させるハンドファーストの形を
保ったまま、腰の回転で振ることが大切です。

 

意識では、先行させすぎと感じるくらい手元を先行させます。

 

どのようなダウンスイングをしたら、ハンドファーストの形を
作れるのでしょうか。

 

ハンドファーストで打とう!と意識しすぎると、
上体が突っ込みやすくなりがちです。

 

それでは、入射角が鋭角になり過ぎてしまいます。

 

バックスイングで自然と作られたコックをダウンスイングで、
早く解くのもいけません。

 

右足に体重が残り、腰を切ることができません。

 

右腰までクラブを上げたところでコックは完了。
あとは、そのまま上げて、ダウンは下半身が先行していくようにします。

 

右ヒジを緩やかに下ろし、腰が回転していけば、ヘッドはちゃんとボールに
届き、ハンドファーストの形を作れるでしょう。

 

page top