ゴルフ 初心者

 

 

ゴルフ初心者卒業し、楽しいゴルフ人生が歩めるように、
最低限必要なゴルフ用語、マナー等の知識をまとめてみました。

 

 

グリップの握り方

今と昔では、クラブが変化し、グリップの握り方も
変える必要があることはご存知でしたか?

 

昔はよく、中指・薬指・小指の3本で、しっかり握れといわれていました。

 

しかし、それは、インパクトのときに、フェースを返さないと
飛ばなかったからです。
今は、ヘッドが大きくなり、体の回転でボールを打ちます。
全部の指でしっかり握ってしまうと、インパクトで振り遅れてしまいます。

 

まず、両手の人差し指をグリップに引っ掛け、親指と2本でつまみます。

 

(グリップに親指の腹ではなく、側面が当たるような感じで握ります)

 

 

ポイントは、親指と人差し指のV字をしっかりと締めることです。

 

 

次に、右手の親指の付け根にあるふくらんだ部分を

 

左手の親指の上に、軽く乗せます。

 

 

この4本の指だけで握った状態で、ハーフスイングしてみましょう。

 

 

どうですか?手元に力が入りにくいので、手打ちにならず、

 

体の回転だけで、自然に振ることができます。

 

 

さて、最後に、中指・薬指・小指の3本を添えるように握れば完成です。

 

 

くれぐれもこの3本を強く握らないように注意して下さい。

 

 

手の平がグリップにしっかりと着かないので、不安かもしれませんが、

 

それが正解です。

 

 

なるべく緩く握る感覚が大事です。

 

また、左手だけで握るような感覚で持つと、上手に遠心力を使えるでしょう。

 

 

右手の小指は、左手の人差し指の上に、軽く添えます。

 

しっかりと絡める必要はありません。

 

 

 

アドレス

アドレスでとにかく大事なのは、「直角」と「平行」です。

 

 

まず、最初に、ボールを飛ばすラインを描いてください。

 

このラインをボールと目標を結んだ「飛球線」といいます。

 

 

構えるときは、この飛球線に対して、平行に立ちます。

 

肩のライン、スタンスが平行になっているか、確認して下さい。

 

 

クラブのフェースは、飛球線に対して、直角になるように構えます。

 

 

そして、体重を両足の指の付け根にかけ、股関節から上半身を

 

しっかりと前傾へ折ります。

 

 

次に、膝を軽く曲げます。

 

 

股関節が伸びたままだと、背中も丸くなり、かかと体重になってしまいます。

 

 

そして、腰から首の付け根までが直線になり、

 

膝から足の指の付け根までも直線になっているのを意識します。

 

 

この2本の直線を保ちながら、腕はリラックスさせた状態で、

 

振るようにします。

 

 

特に注意したいのが、肩のラインです。

 

よく右肩が下がったアドレスをしている人がいます。

 

 

これは、ボールを上げたいという意識からだと思いますが、

 

右肩が下がると右足体重になってしまうため、スイングも右足寄りになります。

 

 

右足軸で振ると、ヘッドの最下点が、ボールの手前になるため、

 

ダフりの原因となるのです。

 

 

アドレスでは、肩のラインが地面と水平になるように意識して下さい。

 

 

そして、体と手の間の感覚が、クラブによって変わってしまう人も

 

多いですが、これは間違いです。

 

 

この感覚の広さは、どの長さのクラブでも同じが基本です。

 

 

変化させるのは、ボールと体の位置で、クラブが長くなれば、

 

ボールから遠くなり、短くなれば、ボールに近づきます。

 

 

 

スイング

スイングは、左右対象が基本です。

 

トップの右ひじの角度と、フィニッシュの左ひじの角度が
同じであることが重要です。

 

スイングの最中の両ひじの間隔を、常に一定に保つと、
左右対称になりやすいです。

 

フィニッシュでは、頭が左足に乗り、I字型が決まるようにします。

 

目標を見て、そこを狙って打っているのに右へ飛ぶ、なんて経験は
ありませんか?

 

その原因は、真っ直ぐにボールを飛ばそうとするあまりに、
インパクトでフェースが開いてしまっているのです。

 

真っ直ぐ振り出そうとするときのヘッドは、スクエアに戻らず、
開いたままになっています。

 

これを改善するために、思い切って、左へ振り抜くつもりで
打ってみてください。

 

最初は、そんな風に振ることを不安に思うかもしれませんね。

 

しかし、ヘッドの軌道は、インサイド・インが正しい軌道なので、
これが正しいのです。

 

「真っ直ぐ振る」という意識から、「左へ振る」という意識に
変えるだけです。

 

次はテークバックです。

 

手首を追って手先だけでヘッドをヒョイと先に上げてしまうと、
バックスイングで、ヘッドが内側に入ってしまいます。

 

また、手元をヘッドよりも先に引いて、ヘッドを後から上げると、
ヘッドは外側に上がってしまいます。

 

手元とヘッドは同調させて、スイングをスタートしましょう。

 

また、打ち急がず、ゆっくりと丁寧にクラブを上げるように
すると、トップで間合いがとれ、タイミングがずれなくなります。

 

 

 

トップの位置

トップの位置が毎回同じであれば、タイミングも一定になるので、
方向性も良く、飛距離も出ます。

 

トップの位置を同じにするには、毎回同じく決めるのが
難しくない、コンパクトな形が重要です。

 

まず、理想のトップの位置はどこでしょう?

 

それを知るために、アドレスのままクラブを胸の位置まで上げます。

 

この状態で、胸を右に回します。
回りきった位置がトップです。

 

クラブが水平でも、やや立ち気味でもOKです。

 

これをあえて、振りかぶったりすると、毎回同じ位置に
上げられなくなります。

 

理想のトップに上げるためには、バックスイングで、
腕と胸の距離を保つことです。

 

そして、右ひじを絞って、ひじが下を向くようなイメージで
上げましょう。

 

こうすると、自然にトップでスクエアな位置に上がります。

 

クラブが、目標よりもやや左を向くトップが理想の位置といえます。

 

また、トップを毎回同じ位置に上げるには、右足へ体重をかけて
体を回転させたら、なるべく早く左足に移動します。

 

まだバックスイングを行っている最中に、下半身は、左へ重心を
移動していくくらいの気持ちで、ちょうどいいのです。

 

こうすると、トップはコンパクトになり、毎回同じ位置に
上がるようになるでしょう。

 

トップで、動きが「一時停止」してしまう人がいますが、
これでは、トップの位置が深くなってしまいます。

 

また、どうしてもトップの位置が安定しない人は、トップで、
アドレスのときとボールの見え方が、変わっていませんか?

 

ボールと目の距離が変わっていたり、肩越しにボールを
見下ろしていたり。。。

 

トップでもボールと目の距離が変わらないように意識しましょう。

 

 

ライバーとアイアンのスイング

ドライバーとアイアンのスイングは、まったく違います!

 

しかし、わかっていても、スイングを変えるのは、難しいですよね。

 

まずは、ドライバーとアイアンのスイングの違いを
理解していきましょう。

 

1つ目は、「シャフトのしなり方」です。

 

トップからダウンスイングに入るときに、シャフトはしなります。

 

ヘッドが遅れて弓なりになりますが、ここからの戻り方が、
ドライバーとアイアンとでは異なります。

 

ドライバーは、インパクトの直前にシャフトが戻って、
今度は逆方向にしなっていきます。

 

アイアンは、インパクト直前まで弓なりのまま。
ヘッドが走りながら、インパクトの瞬間に真っ直ぐになります。

 

2つ目は、打つ場所です。

 

といっても、実際は、どちらのクラブも、当然フェース面で
打つのですが。

 

アイアンは、フェース面で打つという意識を持つと、ダフったり
引っ掛けたりするミスに繋がります。

 

3つ目は、インパクトの形です。

 

ドライバーは、ダウンスイングからインパクトにかけて、
バネのように膝が伸び上がり、ボールを押し上げるように打ちます。

 

しかし、アイアンは、インパクトまでは鋭角に入り、目標方向に
しっかり振り抜くイメージです。

 

ドライバーとアイアンは、クラブの構造から、スイングは別物と
考えましょう。

 

ドライバーは、ロフト角は少ないですが、飛ばすためには
高さも必要です。

 

そのため、スイング的には、緩やかなアッパー軌道で、
右軸スイングが良いことになります。

 

アイアンは、適正なスピンをかけて高さを出す必要があるので、
しっかりと打ち込まないといけません。

 

そのため、軸をやや左にして打ち込みます。

 

 

 

タイミングのとり方

よく振り子のタイミングで打つといいますが、いざクラブを持つと
手や腕、ヘッドなど、体から遠いところに意識がいってしまいます。

 

しかし、体から遠いところを、毎回同じタイミングで動かすことは
大変難しいことです。

 

なので、少ししか動かない体の中心に近い部分を意識した方が
タイミングは取りやすいのです。

 

また、動いているボールを打つ方が、タイミングはとりやすいです。

 

そこで、正面からボールが転がってくる、そのボールを打つという
イメージを持って、打つ感覚を覚えると良いでしょう。

 

リズムとタイミングは、とても重要です。

 

クラブを振るテンポが良ければ、タイミングも合ってきます。

 

ボールをたてに並べて、それを歩きながら打っていく練習を
してみましょう!

 

自然にあなたに合ったタイミングで打てるようになるはずです。

 

それから、タイミングを安定させるために、毎回同じ動作で
打ち始めるように習慣づけましょう。

 

例えば、両足を揃えて立ち、目標を見ます。
スタンスをとって、もう一度目標を見ます。

 

クラブを地面につけて、すぐにテークバックに入る、
といったルーティンの流れを作るわけです。

 

動きを止めずに、スムーズに始動することが大切です。

 

素振りをするときも、一度フォローを出してから、そのままの
動きでバックスイングをしてみます。

 

すると、連続素振りのような感じで振れるので、
タイミングもよくなるでしょう。

page top