ゴルフ テクニック

 

ボールの位置

練習場では上手に打てるのに、ラウンドではミスショット。。。
そんな悩みの原因は、ボールの位置の場合が多いのです。

 

練習場では、ボールを毎回自分の打ちやすい場所に持ってきます。

 

しかし、ラウンドでは、ボールの位置に、自分が合わせないといけません。

 

そこで、無意識に手元で調整してしまうと、正しいボールの位置には
なりません。

 

まずは、グリップエンドを左ももの内側に決めて、クラブを持ちましょう。

 

そこに右手をグリップし、それに合わせるようにすれば、
自然とボール位置が決まります。

 

ボールの位置がずれると、インパクトポイントもずれるため、
いつも同じ位置に、ボールをセットすることは大切です。

 

ドライバーであっても、アイアンでもあっても、左ももの内側を
クラブが指すようにセットすることは一緒です。

 

また、スライスで悩んでいる人は、ボールの位置を1個分、
左にずらしてみましょう。

 

スライスは、軌道がアウトサイド・インの人が多いのです。
これでは、最下点が左にきています。

 

今のボールの位置のままでは、フェースがかぶって当たり、
擦り球になっています。

 

ボール1個分、左に置けば、球が捕まるので、強いフェードになります。

 

逆にフックに悩んでいる人は、ボール1個分右に置くことで解決します。

 

スイングは、グリップエンドを支点とした振り子のイメージです。
その最下点がインパクトのポイントになります。

 

振り子の最下点をイメージしながら、ボールの位置を覚えましょう。

 

 

シャフトのしなり

シャフトのしなりと体の動きを合わせることは重要です。

 

しかし、シャフトのしなり方は、人によって違います。

 

どのタイミングでコックするかで、変わります。

 

このコックをうまく使えないと、シャフトが一定せず、
色々な方向にしなります。

 

そうするとタイミングがずれる原因となるわけです。

 

例えば、バックスイングで、手元が高い位置に上がってから
やっとコックする人がいます。

 

コックしないまま、高い位置に手元が上がると、トップで、
シャフトと飛球線がクロスすることになります。

 

ダウンでは、外側からクラブがおりて、インパクト直前で、
手首を返す、結果、シャフトが後方にしなる。。。

 

これでは、余計な動きが多く、タイミングが合いません。

 

一定のタイミングで打つには、コックをしっかりとすることです。

 

右太ももあたりを手元が通り過ぎたら、そこからコックを
開始してください。

 

そうすれば、ヘッドよりシャフトが先行します。

 

そのままトップまでいけば、トップでヘッドが先行してしなります。
そして、ダウンで、またシャフトが先行します。

 

つまり、シャフトのしなりは、あくまでもスイング面の
上に乗った方向で振動します。

 

ここから外れると、タイミングが合わなくなってしまいます。

 

シャフトのしなり方が、いまいちわからないという人は、
シャフトが柔らかい「テンポマスター」という練習クラブを振ってみると
しなり方がよくわかります。

 

シャフトのしなりと戻りを使って、飛距離を出すわけですが、
このしなりも、タイミングが合わなければ、意味がありません。

 

自分のスイングとシャフトのしなり方を理解して、最大限にしなりの
パワーを発揮できるようにしましょう。

 

 

コックの動き

手首を曲げてコックをしなければ、ボールは飛ばない
と思っていませんか?

 

それは、昔の考え方です。

 

今はクラブも進化して、無理に手首を使う必要がなくなりました。

 

だからといって、まったくコックが必要ないわけではありません。

 

コックの意識が、手首ではなく、右ひじに変わったのです。

 

右ひじをたたみながら、テークバックし、右ひじが
シャフトプレーン(アドレス時のシャフトのライン)よりも
上の位置になったら、コック完了です。

 

右ひじが、右腰の位置にきたときには、コックができています。
自然に手首が、ある程度の角度は折れているはずです。

 

それ以上、コックをする必要はありません。

 

無理に手首だけでコックをしようとすると、ヘッドが高い位置に
上がり、正しい軌道から外れてしまいます。

 

また、最近の主流は、左手をかぶせて握るストロンググリップです。

 

ストロングに握っていれば、最初から手首にある程度、角度がつきます。

 

右ひじが下を向くので、右ひじもたたみやすくなり、お勧めです。

 

さて、このバックスイングでできたコックをどのタイミングで
解放するのでしょうか?

 

正解は、解放しないのです!

 

インパクトまで解かず、手首はロックしたままダウンスイングします。

 

インパクトでは、手元が先行し、腰の回転で振ってください。

 

そうすれば、ヘッドが走って飛距離が出せます。

 

コックを早く解こうとしてしまうと、右足軸になり、腰が回転できません。

 

 

 

ドライバーの打ち方

ドライバーは、アイアンと比べて、
基本的に、飛ばすために使いますね。
よって、ここでは、飛ばすドライバーの
打ち方について説明します。

 

まず、スタンスはアイアンに比べて広めにとります。
これは、体重移動の幅が大きくなり、パワーがためやすいからと、
長いドライバーを振っても、軸が安定するためです。

 

広めといっても、肩幅程度のスタンスをとり、
そこから自分に合った幅を見つけてください。

 

ボールの位置は、両足の中央ではなく、左足のかかとの内側のラインに置きます。
アドレスの際の下半身の重心は 左右均等に、もしくは、若干右足比重でセットします。

 

ドライバーは、最も長いクラブなので、スイングプレーンは、
最もフラットになります。
それを理解したうえで、ゆっくりと背骨を中心に回転し、スイングを始動させます。

 

バックスイングは、シャフトが地面と水平になる位置で止めて、
それ以上深くならないようにしましょう。

 

バックスイングで、重心は右足に移動しますが、ダウンスイングに先行して、
左足への重心移動を開始します。

 

腰がリードするようにして腕を落としていくイメージです。

 

クラブヘッドが、腕よりも遅れて落ちてきて、シャフトがしなります。
クラブヘッドは、なるべくゆっくり落とすイメージで振ってみましょう。
インパクトとリリースは、腰を中心に回転してクラブヘッドを走らせます。

 

このとき、インパクトの直前まで、上半身の重心を右側に残し、
上半身が左に突っ込まないようにしましょう。

 

上半身と下半身の重心の移動タイミングが違うので注意してください。

 

上半身の重心の移動タイミングが早いと、背骨が右に傾くという形にならず、
スライスのミスショットに繋がります。

 

また、あくまでもパワーは体の回転でつくり、腕や手首の力ではありません。
手首は、インパクトの時に無理に返すのではなく、体の回転と共に、自然に折れます。

 

腰をしっかりと回転させ、手打ちにならないように心がけましょう。

 

 

 

アイアン攻略法

アイアンの基本は、ボールの位置はスタンスの中央です。

 

これは、7番アイアンを基準としていますから、あとは、番手ごとに
ボール1個分ずつの幅でずらしていきます。

 

番手が上がるごとに、ボールは、右足寄りになります。

 

ボールの位置は、スイングの最下点でインパクトを迎えるために、
とても重要です。

 

次に肩のまわし方です。

 

ボールを上げようとして、右肩が下がりすくい打ちになっている人がいますが
これは間違いです。

 

ダウンスイングで右肩が下がっていると、左腰が伸び、体重が左足に乗らず、
スイングの最下点がボールより手前になってしまいます。

 

そこで、ダウンスイングの右肩の高さを変えずに、目標に向けて
肩を回すようにしましょう。

 

そもそも、アイアンのボールへの当て方は理解しているでしょうか。

 

地面にあるボールをクリーンに打つためには、クラブのソールが
地面に着く前に、ボールをヒットしなければいけません。

 

また、ボールがなかなか上がらないという人は、下半身に意識しましょう。

 

テークバックで体が伸び上がらないように、右ヒザの角度を変えないことです。

 

そうすれば、スイングのときに、体の上下動を抑え、トップに叩くことを
防げます。

 

また、ヘッドアップが早いのも、ボールが上がらない要因です。

 

体重をしっかりと右足の内側に乗せて、右ヒザの角度を固定したまま
上半身が起き上がらないようスイングして下さい。

 

 

パッティング

パッティングのボールの位置は、両目の間の真下か、やや左目の下にします。
ボールは、毎回同じ場所にくるようにしましょう。

 

次に、肩と腰をターゲットラインに対して、平行にします。

 

肩と腰のラインは、目標に対してスクエアになるようにします。
体が開いていたり、片方の肩が下がったりしてはいけません。

 

膝は少し曲げて、足は肩幅程度まで開いても、閉じ気味でも構いません。
股関節を支点にするようにして、背筋を伸ばして前傾姿勢をとります。

 

パターのソールを地面にペッタリと着けて構えます。
重心は、つま先側に乗せて構えるようにしましょう。

 

グリップ、両肘、両肩で五角形を作ります。

 

その五角形を崩さないようにして、パターのヘッドから
両肩の付け根までを一体化させ、手首を使わずに、
肩の振りだけで振っていきます。

 

頭は動かさないように意識してください。

 

スピードは、最初から最後まで同じスピードで振れるようにしましょう。

 

振り幅は、左右対称になるようにします。

 

そして、打った後は、すぐにボールを目で追わずに、
頭を上げないようにします。

 

パッティングは、いつも同じ強さで打つことが基本です。
転がす距離は、打つときの強弱ではなく、パットを引く距離で決めます。

 

そして、真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す、これがパッティングの基礎です。

 

パターが振り子のように動けば、軌道も安定し、芯をはずしにくくなります。

 

page top